2017.05.30 Tuesday

池袋東武百貨店 古谷和也陶展 

 

毎日、東武個展に向け、ため込んでおりました作品の仕上げをしております。

 

ぐい呑なんかも、窯変の奥深い色であったり、ここ最近ねらっております、

 

ちょっと灰色にかせた感じの窯変もいい感じに出ております。

 

それでは、DM作品の紹介を致します。

 

 

伊賀花入

 

この花入は、引出の技法を使っておりまして、エメラルドグリーンのように

 

ビードロが発色しております。

 

下の方の焦げの部分と緑の対比もとても綺麗です。

 

 

信楽茶盌

 

こちらの茶盌は、蹴ろくろで作った茶盌になります。

 

横に寝かせて焼く事によって、ビードロが横に流れ、トンボの目と言われる

 

ビードロの溜まりも綺麗に出ており、冒頭でも書きました、

 

灰色に発色したカセた部分も出て、見どころの多い茶盌です。

 

 

信楽窯変茶盌

 

こちらは、ここ数年つくり込んでいます手びねりの茶盌です。

 

信楽の壷をイメージした曲線と、光悦が好きなのが合わさると、


こんな感じになって参りました!

 

景色の方は、全体にビードロがかかり、いろんな色がでてとても綺麗です。

 

 

次回は、かなり良い焼き上がりになった今回の大壷を、載せたいと思います。

 

 

 

 


2017.05.28 Sunday

池袋東武百貨店 古谷和也陶展 

 

いよいよ池袋東武の個展が近づいて参りました。

 

僕の個展デビューをさせて頂いたのも東武と言う事もあり、気合も自然と入ります。

 

又、今年、東武の画廊もリニューアルしましたので、ちょっと小さくはなったみたいですが

 

一新された綺麗な画廊での展示を僕も楽しみにしております。

 

それでは、今回の案内状をブログに更新していきたいと思います!

 

古谷和也陶展

 

池袋東武百貨店 6階美術画廊

 

2017年6月8日(木)〜6月14日(水)

 

 

信楽壷  (花・モクレン・イカリ草)

 

今回の表紙は自宅での撮影で、作品も新作の一つで、シンプルな球体の壷に

 

裂け目が入り、土肌は原土そのものを生かした肌になってます。

 

今年は、信楽の持つ土の魅力を引き出した作品に取り組みたいと思っております。

 

形も、蹲や耳付花入のように伝統にとらわれないモダンな造形も作って参りたいと思っております。

 

 

信楽面取花入

 

こちらも新作で、原土に近い土を面取りしていくのですが、オブジェにもなる造形です。

 

しかし、僕自身は使う器と言うものが好きで、飾りだけじゃなく使ってこそ、器はもちろん、

 

花や、料理、お茶・お酒など、それぞれが引き立つ事をいつも頭に入れて作陶しております。

 

 

そして、もちろんいつもの伝統的な作品も作り続けて行きます。

 

 

信楽蹲

 

僕の基本はここにあり、信楽や伊賀の持つ伝統が好きで、

 

その古信楽や古伊賀に、自分なりの表現で現代に合った景色や造形をこれからも

 

突き詰めて参りたいと思っております!

 

次は、茶碗や花入を載せたいと思います。

 

 

 


2017.05.23 Tuesday

陶工房 信楽特集

 

暑い日が続いております。

 

梅雨もまだなのにすでに日中は真夏の様です。

 

家の周りの草も日に日に伸び、草刈りに追われる日がこれから続くと思うとぞっとします・・・。

 

市松は、芝生の上でご機嫌です。

 

 

さすって欲しいのか、あまりにも緊張感のない柴犬・・・。

 

久しぶりの市松の登場が酷い格好でスミマセン・・・。

 

そして、話は変わりますが、陶工房と言う陶芸雑誌に載せて頂きました。

 

 

今回は、信楽特集ということで、信楽の作家3人載せて頂きました。

 

今年に入り少しずつ発表している新作の作品をはじめ、工房や、窯場、客室の風景など、

 

沢山の写真も載せて頂いております。(8ページ)

 

ぜひ、見て下さい。

 

 

 

 

 

 


2017.05.16 Tuesday

ご無沙汰です。

 

信楽の山も藤があちこちで咲いております。

 

 

ご無沙汰しております。

 

いつの間にやら、ゴールデンウィークも過ぎ、5月も半分も過ぎてまいりました。

 

仕事も遊び(釣り)も忙しくて、なかなかブログ更新できずスミマセンでした。

 

6月8日から始まる池袋東武の個展に向け、追い込んで仕事してます!

 

と言いたいところですが、今月は、行きたいところもいっぱいあり、

 

あっち、こっちと飛び回りながら仕事しております。

 

一つは、京都国立博物館で5月21日まで開催されております、

 

海北友松  この絵師、ただものではない!

 

サブタイトルがなんともいいですね。

 

 

余白の美と言うのか、独特の空間が絵の中に広がり、

 

自分が絵の中に入り込んでしまう様でした。

 

 

西岡小十 生誕100年記念展

 

 

小十先生は、父とも親しかった事もあり、

 

大阪で個展をした時なんかは、会場に来て下さり、

 

「お祝いや!墨と筆を持ってきて!」と言いながら、ギャラリーで紙を広げ

 

即興で色々書いて下さり、沢山頂きました。

 

本当に気さくな先生で、作品もおおらかで人間味溢れ、大好きな先生です。

 

酒器も、お酒は飲めなかったとは思えないほどの良い酒器で、

 

我家でもしょっちゅう登場致します。

 

 

後は、知り合いの個展や色々な企画展に伺い、

 

「こんな忙しいときに、重ならなくても〜」と悲鳴をあげながらも、色々と

 

大きな刺激を受け、仕事もやる気満々になっております!!!

 

東武百貨店もリニューアルしましたので、心機一転6月東武に向け、

 

残りの日にち頑張って参りたいと思います。

 

 

 

 


2017.04.25 Tuesday

炎芸術 茶器の逸品

 

桜も終わり、信楽の山もツツジやムシカリが綺麗に咲いております。

 

今月は、個展が2回もあり、バタバタするうちに気が付けばもうすぐ月末・・・。

 

本当にあっという間に日が過ぎて行きます。

 

その様な事で、お知らせするのを忘れておりました。

 

炎芸術 見て買って楽しみたい 茶器の逸品 に載せて頂きました!!!

 

 

ちなみに、4月1日発売です。

 

 

今回は茶器と言う事で、手捻りの丸い茶盌や、割高台の茶盌などを、

 

個展などでお世話になっております、

 

岐阜の文錦堂さんからの紹介で載せて頂きました。有難うございます!!!

 

ちょうど先日、テレビ愛知さんで放送された「俺たちの窯」でも

 

茶盌づくりに刺激を受けたりと、今年は茶盌も頑張って作りたいと思います。

 

 



profile

calendar

       
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
        

ペット

acces counter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 岡山 明日香画廊 古谷和也展 
    和也
  • 岡山 明日香画廊 古谷和也展 
    和也
  • 岡山 明日香画廊 古谷和也展 
    はつこ
  • 岡山 明日香画廊 古谷和也展 
    ちえこ
  • なごみ 2月号 陶芸家の食卓
    和也
  • なごみ 2月号 陶芸家の食卓
    hatsuko otsuka
  • いちまつ!!!
    和也
  • ギャラリー陶園個展のお礼
    和也
  • いちまつ!!!
    yuko
  • ギャラリー陶園個展のお礼
    hatsuko otsuka

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM