2017.11.04 Saturday

窯焚き

 

先日の、台風2連続には頭を悩まされました・・・。

 

名古屋三越に向け、ラストの窯焚きをしようと頑張って参りました。

 

そんな時に1発目の台風!

 

 

薪が倒されドボドボに・・・。

 

これはヤバいと次の日から、晴れたらトタンを外して、雨が降ったらトタンをかけてと、

 

ちょっとでも乾くように、作陶の合間に割木の管理をしてたところ、

 

2度目の台風・・・。しかも、窯詰め真っ最中に!!

 

またもや、横雨で割木が濡れてしまいました(涙)

 

割木屋さんにちょっとでも乾いた割木を何とか手配して頂いたものの、

 

75束しか手に入らず・・・・。

 

(僕の窯は約250束割木を使います)

 

しかし、いざ窯を焚き始めると今までの雨が嘘のように、

 

晴天で気温もあたたかく、ほど良い風が!!!

 

一番下は流石に乾きませんが、自然の力はすごく、2段目、3段目は結構乾いてきました。

 

 

どうなる事かと本当に心配な窯焚きでしたが無事に250束確保できました。

 

 

温度も順調に1300度を余裕で越えて、しっかり灰もかかりビードロも流れ参りました。

 

市松も窯場に来たかったのかご機嫌です。

 

 

後は、窯だしです。

 

名古屋三越もあと10日ほどと迫っております。

 

一応、ほとんど揃っておりますが、さらに良いものを持って行きたいので

 

ギリギリまで仕上げしたり、てんてこ舞いで頑張っております!!!

 

また、DMもブログにあげて参りたいと思っております。

 

 


2017.08.30 Wednesday

暑い中の仕上げ

 

ご無沙汰しております。

 

毎日暑い日がつづき、汗まみれで仕事終わって、シャワーを浴び、

 

ビールをガッと飲んでご飯を食べたら、クタクタで死んだようにひと眠りしております。

 

ブログ更新なかなかできずスミマセン。

 

来月は、阿曾美術の個展もひかえており、準備も着々と進めております。

 

いまは、仕上げの真っ只中。とにかく暑いです。

 

 

タープを張り扇風機を回してガリガリ仕上げをしております。

 

それでも暑くて汗まみれです。

 

個展の時、日焼けして顔が黒くてもけっして釣りばっかりしてるわけではございません(笑)

 

仕事焼けです(笑)

 

いい感じの作品も沢山出来上がって参りました。

 

阿曾美術ぜひ見に来て下さい。

 

夕方には、市松の散歩にも行きますが、ちょっとづつですが日も短くなり始め、

 

秋の気配も出てまいりました。

 

 

 


2017.07.14 Friday

窯焚き

 

久しぶりのブログ更新スミマセン。

 

6月の個展が終わったそのままの勢いで、作陶、窯焚き、個展の準備と

 

怒涛の日々を過ごしております。

 

 

九州の方では、大雨で大変な被害が・・・。一日でも早い復興を願います。

 

 

そして僕は、先日の台風の中、窯焚きをしておりました。

 

よりによって台風の日を選ぶとは・・・。

 

台風が来るのに気が付いたのは焼きだしての事。慌てて窯場に今回の窯で

 

使う分の割木250束を運び入れ、暑い中割木に囲まれての窯焚きとなりました。

 

 

雨風がきつくなると、煙が建物の中に吹き込み大変です。

 

 

結局、台風は南の方に反れたので窯焚きには、大した事はなかったです。

 

 

無事に窯焚きも終わり、作品も良い焼き上がりのがとれました。

 

今度は、8月1日から札幌三越での個展です。

 

釣りもしばらく辛抱して頑張ります!

 

 


2017.03.03 Friday

暁坏 窯焚き

 

今年に入り進めておりました、暁坏の窯づくりプロジェクトも

 

先日、2回、窯焚きをして最終日を迎えました。

 

窯づくりも終えておりましたが、窯の周りの埋戻しなど、

 

亮太郎さんが孤軍奮闘して頂いておりました。

 

しかし、ハプニングが・・・。亮太郎さんが窯の横の高い所から落下で、

 

足の骨を骨折・・・(涙)

 

そういえば、地鎮祭してない!

 

 

ちょっと、遅かったのでは・・・!と皆さんからの突っ込みもありつつ、

 

火入れの前にしっかりとご祈祷して頂きました!

 

 

亮太郎さんも念入りにご祈祷。

 

窯の焚き方や、窯道具、窯の場所の名称など、

 

備前ではこうだ、信楽はこうだ、瀬戸では・・・と、それぞれの産地の

 

違いなどを話しながら、皆でワイワイと楽しい窯焚きでした。

 

 

僕が今回一番驚いたのは、「窯の焚口を開けっ放しで焼く」事でした。

 

酸化焼成をしながら焼くのですが、ある意味煙突の引きなど、絶妙なバランスで

 

順調に温度も上がりました。

 

 

1回目の窯焚きでは、新里さんが引出を頑張って頂きました。

 

亮太郎さん、きっと歯がゆい思いをしておられたことでしょう。

 

 

2回目の窯焚きでは、晃一郎さんと僕で手分けして引出。

 

寺田さんは、引き出す間、温度の調整などが必要な難しい窯焚きをして頂きました。

 

 

引き出す道具も、信楽では使わない茶碗を挟むような道具で、

 

慣れないながらも、20盌ほど僕も皆さんの茶碗を引き出しました。

 

 

手前は僕のお茶盌。

 

最終日は、引き出したばかりの茶盌を使い、お茶事をしました。

 

遠方では、見附さんも九谷の方から駆けつけて下さり、

 

皆さんで焼き終わったばかりの器を、好きなものを選んで一服を・・・。

 

 

なかなか、初めての試みが多く、納得できる作品と言うわけではありませんが、

 

それぞれの特徴が出て、皆さん楽しく選ばれてました。

 

僕自身も、釉薬であったり、違う土であったり、茶碗の形、

 

作り方などなど、刺激をいっぱい受けた企画でした。

 

あとは、テレビの放送ですが、きっと僕のお恥ずかしい場面、作品が

 

映ると思うと、今から頭痛がします(笑)

 

 

 

 


2017.02.15 Wednesday

窯完成!釉掛け・・・。

 

先日、暁坏プロジェクトの窯づくりも完成の時を迎えました!

 

 

完成のこの日は、ちょうどメンバー全員が初めてそろい、煙道を作ったり、

 

窯全体に化粧を施したりと。

 

 

釉薬を焼くための窯を作るのも初めてで、又、それぞれの作家の考えがあり、

 

色々な意見を取り入れ、この部分は、古谷方式、ここは寺田方式などなど、

 

なかなか、楽しい窯づくりとなりました。

 

 

最後にメンバーのサインが窯に刻まれました!

 

さぁ〜後は焼くだけですが、どうなる事か・・・。

 

そして、頭を悩ませておりました釉薬を掛ける作業・・・。

 

幸兵衛窯に到着したのが、僕が一番乗りで、次に晃一郎さん・・・。

 

焼き締め組が先に揃ってしまいました(笑)

 

ここは唯一の頼みの綱、亮太郎さんに「まずは見本を!」と(笑)

 

釉掛けをしたことのない僕、腕を組み「さて、どうしたものか!」と立ちつくして

 

隣を見ると、晃一郎さんも同じポーズ・・・(笑)

 

焼き締め2人が悩んでおりました(笑)

 

結局、いざ掛けてみると瞬間の勝負と言うのか、イメージしてた通りには

 

全然かからず、その場の即興でシャシャッと・・・。

 

難しさも感じながら、釉薬を掛ける面白さも感じました。

 

 

言い訳ですが、根本的に釉薬を掛けるのがほぼ初めてに近いのに、

 

釉薬を掛ける前から、インタビューで「どのようなイメージで!」と

 

聞かれながらTVカメラの前でしないといけないわ、

 

世良さんや、豪華な作家達がアシスタントして下さったりと、

 

半端じゃないプレッシャーの釉掛けデビューでした(笑)(笑)(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.02.11 Saturday

茶盌づくり

 

今日の信楽は一面銀世界です。

 

今年に入り進めております、暁坏の窯づくりプロジェクトもいよいよ

 

大詰めを迎えつつあります。

 

先日は、初窯に向けて1時間ほど幸兵衛窯で茶盌づくりもしました。

 

 

寺田さん、亮太郎さん、そして僕。

 

作家が顔を合わせて作るのは初めて・・・。微妙に緊張します(笑)

 

その日は、もぐさ土と寺田ブレンドの瀬戸の土を使わさせて頂きました。

 

普段の土と全然違いその土の特徴をつかむので終わってしまいました。

 

今回は、特別に土を少しづつ頂いて自分の仕事場で作る事にしました。

 

 

僕の信楽土 ・ 織部土 ・ もぐさ土 ・ 瀬戸土

 

それぞれの土が特徴が違い、なかなか面白いです。

 

もぐさ土なんかはバサバサで、いつものように作り油断するとバサッっと

 

へたってしまいました。

 

 

今回は、自分の茶盌の形や瀬戸黒っぽい形や、志野茶碗っぽい形も作りました。

 

蹴ろくろ、てびねりで作ったのですが、茶盌の作り方、形など改めて

 

それぞれの特徴がありとても勉強になりました。

 

又、違ったことをすると改めて焼き物の楽しさも感じました。

 

今後、僕の作る茶盌の大きな糧となってくれた気がいたします。

 

後は釉掛け・・・。ほぼ15年、20年ぶり・・・(笑)

 

やばい。緊張する(笑)

 

 

 


2017.01.29 Sunday

暁坏 あかつき窯づくりプロジェクト

 

先日、やっと暁坏メンバーで行われております窯づくりプロジェクトに

 

参加することが出来ました。

 

亮太郎さんや寺田さんが中心にいつも窯を作って頂いてるなか、

 

新里さん、晃一郎さんとそれぞれ参加され、「古谷家と言えば窯づくり!」と言う事で、

 

始まる前からちょっぴり期待して頂いてたにもかかわらず、全然参加できず・・・。

 

ちょうどアーチの部分を作り出す工程からの参加となりました。

 

 

この日のあかつきメンバーは、亮太郎さん、寺田さんと僕。

 

さすがに皆さん手際が良く、それぞれが仕事を見つけ、どんどん進んでいきました。

 

 

ぼくも、今までの分を挽回しなければ!とせっせとレンガ積です。

 

 

伊賀の引出作品はするのですが、釉薬ものは初めて。

 

亮太郎さんが引き出すシュミレーションしながら、

 

問題点などをチェック、解決しながら進んでまいりました!

 

来月には完成して、窯焚きも行う日程です。

 

釉薬ものを焼くのは何もかもが新鮮で、ましてや窯づくり。

 

色々な産地の技法や窯に対しての考え方などワイワイしゃべりながら

 

窯を作るのは楽しいです。

 

 


2017.01.24 Tuesday

窯焚き

 

毎日寒い日が続きます。

 

関西の中でも寒さで有名な信楽。

 

僕は、生まれも育ちも根っからの信楽人ですが、

 

何だか最近人一倍寒さに弱い気が致します。

 

そんな僕に試練の窯焚きが・・・。

 

 

窯詰めの日ですが、信楽も最強の寒波が到来致しました!

 

僕は、5日間かけて窯に作品を詰めるのですが、

 

指先が寒さで感覚が無くなり、激寒の中の窯詰めでした。

 

窯焚き中も雪がが降ったり、いくら窯が暖かいとはいえ、背中はめっちゃ寒いです。

 

 

横や後を薪で囲い、オイル缶でたき火をしながら窯焚きしてました。

 

 

しかし、僕は冬の窯焚きが一番好きで、良い作品が沢山とれてる気がいたします。

 

今回は、窯焚きや窯出しの時に、テレビの取材も入りました。

 

世良公則さんを中心に、僕たち世代の陶芸家が集まったメンバー(暁メンバー)

 

の中の数人で、多治見の幸兵衛窯に引出黒を焼く薪窯を作るプロジェクトが進んでおり、

 

備前の伊勢崎晃一郎さんと僕は全くの違う産地からのメンバーなので、

 

ちょっぴり特別枠を頂けるようで・・・(笑)

 

東海地方や、テレビ東京のみの放送となりますが、放送日がわかりましたら、

 

またお知らせいたします。

 

 

やっぱり緊張しますね。特に窯出しの日は、失敗してたらどうしよう・・・。

 

など、色々な事が頭を過りました(笑)

 

(一応、ええ感じの作品がとれたのでホッといたしました。)

 

寒かったり、取材が入ったりと何かと色々ありましたが、

 

今年初の窯焚き、成功して良かったです!

 

 


2016.07.12 Tuesday

窯焚き

 

先日まで、窯焚きしておりました。

 

 

この時期、割木が雨に濡れてしまうのと、窯場に作った作品を運ぶため、

 

雨が降られてしまうと仕事にならず、梅雨の中休みを狙っての窯焚きです。

 

しかし、晴れたら晴れたで、めちゃくちゃ暑くて流石に窯焚が終わった次の日は、

 

ぐったりとしてしまいました。

 

 

窯に薪をくべる時も灼熱ですが、外に逃げても暑くて、業務用の扇風機を横に置き、

 

薪を入れてすぐに扇風機に駆け寄り、服の中に風を送り込み涼んでおりました。

 

 

写メを撮りましたが、携帯が壊れそうなぐらいに、一瞬で熱くなります。

 

 

夕焼けと窯の煙

 

 

有難いことに最終日は、曇ってくれて終わるころには雨が降り出しました。

 

暑いのは仕方がないにして、天気的には完ぺきな日程でした。

 

窯出しも先日無事に終え、暑い中頑張ったかいもあり、納得する作品もとれました。

 

来月の横浜眦膕阿筺∧原啼欧任虜酩陛犬如

 

今回の作品も沢山持っていきたいと思っております!

 


2016.06.28 Tuesday

あぁぁぁ〜!

 

あぁぁぁ〜〜〜〜!。

 

ここ数日、窯焚きに向け作陶の追い込み!

 

窯焚き前に限って、「あれも作りたい!これも作っておけば!」と、思いつくもので、

 

毎日、夜にはクタクタになってます。(さりげなく、ブログ更新してない言い訳を)

 

そんな事を言いながら、数日前に釣りに行った付けもありますが・・・。(笑)

 

でも、いつものことながら、「なんでもっと早くに作っておかなかったのか!」と、

 

本当に、ギリギリで仕事をしてる自分に反省です。

 

そんな中、悲しい出来事が・・・。

 

 

忙しいを言い訳に、整理もしない仕事場の、足の踏み場もない、

 

ひっちゃかめっちゃかの所に、作った作品を置いておくと、

 

当然と言えば当然の出来事が。

 

 

「やっちまった〜」「あぁぁぁ〜!」

 

丸いかめ板のくっついた後が何とも言えない模様(笑)と(涙)

 

急いでる時に限ってこのような事態が。

 

まぁ、当然と言えば当然かも。

 

つぶれた数以上に、精神的ダメージがある一撃でした(笑)

 

 

 



profile

calendar

       
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
        

ペット

acces counter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 明けましておめでとうございます!
    和也
  • 明けましておめでとうございます!
    yuko
  • 市松をさがせ!!!
    和也
  • 市松をさがせ!!!
    KAJIWARA
  • 市松をさがせ!!!
    和也
  • 市松をさがせ!!!
    yuko
  • 東武百貨店 古谷和也陶展のお礼
    和也
  • 東武百貨店 古谷和也陶展のお礼
    uribo
  • 池袋東武百貨店 古谷和也陶展 
    和也
  • 池袋東武百貨店 古谷和也陶展 
    さめ

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM