2017.11.08 Wednesday

名古屋栄三越 古谷和也展 

 

台風明けから秋晴れが続いておりましたが、今日は久しぶりの雨模様です。

 

DM紹介の続きです。

 

 

信楽蹲

 

信楽と言えば「蹲」「大壷」と2トップの代表的な形。

 

古信楽を意識しつつも現代的な焼きや、ちょっとした造形で

 

(肩の張りや、口造りなどなど)自分らしさを出そうと取り組んできた作品です。

 

 

個展のたびに質問されることは、ダントツで

 

「信楽と伊賀の違いは?」です。

 

「伊賀に耳あり信楽に耳なし」と言うように花入や水指は、ある程度形に違いがあり

 

分かりやすいですが、例えば徳利やぐい呑のように形に決まりが無い作品は、

 

基本的には、「ビードロが印象的なものは伊賀。緋色や土肌が出てどこか素朴な感じが信楽」って

 

分けてますが、(実際には土も使い分けてる作品も多いです)

 

最近の伊賀は、信楽のような土を使い、信楽は、窯変やビードロの景色をつける焼き方に

 

なってきてます。

 

お互いが良いとこどりで、伊賀と信楽のグレーゾーンが多いのが現状です。

 

僕も基本的には信楽出身なので、信楽魂見せようと、数年前にトンボの目が出た

 

ビードロのぐい呑を「信楽ぐい呑」と名前を付ければ、皆さんから

 

「これ伊賀でしょ!」と、突っ込まれてしまいました(笑)

 

へたれなもんで、すぐに元に戻して、伊賀に魂を売ってしまいました・・・(笑)

 

そんなグレーゾーンたっぷりの酒器たちです。

 

 

でも、焼き締めは色々な景色が出て、魅力たっぷりで楽しいです。

 

この他に、個展に持って行く酒器たちもなかなか良い焼き上がりのが揃っております。

 

あと、2点ほどDM写真ありますが、後日ブログにアップします。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

calendar

       
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
        

ペット

acces counter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2019池袋東武百貨店 古谷和也陶展
    和也
  • 2019池袋東武百貨店 古谷和也陶展
    新井淑江
  • 池袋東武百貨店のお礼
    和也
  • 池袋東武百貨店のお礼
    さむらい
  • 第48回 日本伝統工芸近畿展 新人奨励賞受賞!
    和也
  • 第48回 日本伝統工芸近畿展 新人奨励賞受賞!
    yuko
  • 窯出し
    和也
  • 窯出し
    さめ
  • 池袋東武百貨店 古谷和也陶展 
    和也
  • 池袋東武百貨店 古谷和也陶展 
    ササキ

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM